マリントピアリゾート トップページへ
マリントピアマリーナ
宮津ハーバー
レストラン「黒岬」「冠」「天海」
インフォメーション
宮津カントリーゴルフクラブ
京阪神からマリントピアへの交通案内
株式会社にしがき
マリントピア 最新釣り情報
ナターシャ ブログ
丹後探検隊HP
丹後の日帰り温泉
マリントピア イベント情報
マリントピア思い出アルバム
丹後・観光 ナビ
遊漁船 マリントピア丸
丹後花鳥風月ブログ




 道の駅 「食のみやこ・丹後王国」

 4月に旧名称「丹後あじわいの郷」からリニューアルオープンした「食のみやこ・丹後王国」へ行ってきました。
 オープン直後にも行きましたが、今回は毎月第3日曜日に行われる月例祭の日で、琴演奏やお茶のおもてなし等のイベントもあり賑わっていました。

 西日本最大級の道の駅としてリニューアルした「丹後王国」は、入場料が無料となり気軽に立ち寄れる場所になりました。
 広々とした園内には木製アスレチック広場や芝すべり台、動物ふれあい広場など、お子様連れでゆったりと過ごすことが出来ますし、「食のみやこ」の看板にあるように、丹後の特産品をはじめ、新鮮な野菜や海産物が揃うマルシェスペースがあり、お土産物探しやお買い物の楽しいひと時を過ごせます。 もちろん新鮮な食材をふんだんに使ったイタリアンや、焼きたてのパン、スイーツなどの店もあり、丹後の本物の食材を味わうことが出来ます。
 「丹後王国」では月例祭をはじめ、季節ごとに様々なイベントが催されます。また、夜間の営業もあり、毎日18:30~22:00間イルミネーションも楽しむことが出来ます。

         >>詳しくは丹後王国ホームページで<<

 マリントピアから「丹後王国」へは、五十川~弥栄町経由で約50分です。是非どうぞ。







 木彫りとバーニングアートの野鳥展

 マリントピアに来られるまでの町、与謝野町岩滝の「ギャラリー知遊館」で、木彫りと焦がし絵(バーニングアート)で作った野鳥展が行われています。
 ご興味のある方は如何ですか。
 この作品展は野鳥が好きな地元の男性2人が意気投合し、それぞれの得意とする作品を持ち寄って展示されています。
 木彫りの鳥を彫刻されるのは宮津市の中江弘之さん(63)です。バードカービングは鳥の形を掘り、筆で細かい絵付けをする事が多いですが、中江さんは色は塗らず木の質感を生かし、細かい羽根の線までリアルに彫刻された素晴らしい作品を作られます。

 焦がし絵(バーニングアート)をされるのは与謝野町で喫茶店「もっく」を経営される西原信明さん(63)です。 木の板に専用の電気ゴテを当て、焦がし加減の濃淡で絵を描くという特殊な技法で野鳥の生き生きとした姿を表現されています。

 作品展は6月28日(日)まで開催されます。

場 所 : 与謝野町立生涯学習センター知遊館   月曜休館
問合せ : 0772-46-2451






 田原ほたるまつりを見に行こう

詳細はこちらから
 丹後ではホタルの飛び交う季節となりました。
 6月13日(土)恒例の「田原ほたるまつり」が予定され、マリントピアリゾートも協賛で、あてもの、ヨーヨーなど、お楽しみコーナーを出店しますので、ぜひご参加ください。

 田原はマリントピアから伊根方向の山間部へ15分程走ったところにある自然豊かな集落です。丹後の中でもホタルの出現率が高く、多数のホタルが飛び交う光景を見る事が出来ます。
 左の写真は、三脚をを立てて長時間露出や多重露出の技法を駆使して撮影されたもので、私にはそんな根気も技術もないので、お借りしたものですが、すごい乱舞ですね。

 話は変わりますが、私も学生時代に一度だけこんなホタルの乱舞に遭遇した事があります。高校生の時のことですが、友人の家が宮津の山間部の下見谷にあり、遊びに行って夜帰ろうと家を出ると、前を流れる小川の周囲に、ほんとうに写真の様に乱舞するホタルを見てびっくりした事があります。今はどことも農薬などの影響でホタルが少なくなっているようですが、もう一度あんな幻想的な光景を見てみたいものです。






 兜山 山頂展望台リニューアル

 久美浜の観光名所、かぶと山園地の山頂展望台と遊歩道が整備され、とても綺麗になりました。
 これまで山頂にあったコンクリート製の展望台は陰気臭く、せっかくの眺望を台無しにしていましたが、今回ウッドデッキにリニューアルされ、久美浜湾の素晴らしい眺望と相まって、登った時の爽快感を際立たせてくれます。 山頂へは車で直接上がる事も出来ますが、道が狭く大きな車はお奨めできません。 かぶと山園地の公園駐車場に車を停めて、運動不足解消も兼ねて遊歩道から登られる事をお奨めします。 登山道はアップがかなりキツイですが、休まず黙々と登れば約15分で山頂に着きます。

 公園駐車場に車を停め、道路を「レセプションガーデン」側に1分ほど下ると登山道入り口があります。 新しくコンクリート舗装された遊歩道を5分ほど登ると、毎年久美浜で行われる「千日観光祭」で点灯される「大文字」の設営場所に着き、久美浜の市街を見渡すことが出来ます。更に5分ほど進むと「人喰岩」と呼ばれる場所に出ます。そして元気を振り絞り 階段を5分ほど登ると、この地の旧地名(熊野郡)のもとになったと言われる熊野神社に着きます。
 熊野神社を回り込むように歩くとそこには久美浜湾と日本海を隔てるように小天橋が横たわった、素晴らしい絶景が広がっています。







 大丹鉄まつり 開催

丹鉄まつり 詳細 KTRから運営を引き継いだウィラートレインズ社が4月の運行開始を記念して、「大丹鉄まつり」を、5月31日(日)に開催致します。

 会場は天橋立文珠浜公園で、「みんなで作ろう!地域の笑顔」をテーマに、子供からお年寄りまで、たくさんの方が楽しめるイベントが予定されています。
 当日は地元のゆるキャラが集まったり、手裏剣戦隊ニンニンジャーなど、人気アニメのキャラクターショーもあり、お子様連れの方はたっぷり楽しめそうです。
 また、大人の方も 「丹鉄マルシェ&全国ご当地グルメ市」があり、海の幸・山の幸など丹後ならではの味も楽しめそうです。

 そして極め付きは「大丹鉄まつりきっぷ」です!。
 何と、1,000円で丹後鉄道全区間が一日乗り放題です。イベント全国ご当地グルメ市などで利用できる500円のクーポンも付いていますので大変お得です。キップはインターネットか丹鉄有人駅で販売しています。
 気になるのは31日(日)の空模様です。現在雨の予想(ー_ー)!! 何とか良くなるといいのですが。
 もし参加されるとしたら、ピンクの物を身に着けてゆくとラッキな事があるようですよ(^_^)/