マリントピアリゾート トップページへ
マリントピアマリーナ
宮津ハーバー
レストラン「黒岬」「冠」「天海」
インフォメーション
宮津カントリーゴルフクラブ
京阪神からマリントピアへの交通案内
株式会社にしがき
マリントピア 最新釣り情報
ナターシャ ブログ
丹後探検隊HP
丹後の日帰り温泉
マリントピア イベント情報
マリントピア思い出アルバム
丹後・観光 ナビ
遊漁船 マリントピア丸
丹後花鳥風月ブログ




 天橋立 砂浜ライトアップ

「海の京都博」が7月18日から11月15日まで開催されるのにともない、海に面した丹後各地では様々なイベントが企画されています。
 その内の一つとして、宮津市では天橋立砂浜ライトアップが8月30日まで行われます。
時間は毎晩7時半から9時半までです。夕涼みがてらお出かけ下さい。
 また、期間中の毎週土曜日は「和傘でライトアップ」もされており、智恩寺山門付近を中心に幻想的な優しい光に包まれます。
そのほか、天橋立ナイトクルーズや智恩寺山門ライブなど多彩なイベントが用意されていますので、詳しくは右のチラシをクリックしてご覧ください。

 「海の京都博」では宮津市の他、舞鶴市・伊根町では赤レンガパークと伊根を結ぶ、定期便としては初めての遊覧船を運行させたりと、他の4市町でもコアイベントと称し、多彩な催しが繰り広げられます。

各市町によるコアイベントの詳細情報は下記市町名をクリックしてご覧ください。

 ・宮津市
 ・京丹後市
 ・舞鶴市
 ・伊根町
 ・与謝野町
 ・福山市
 ・綾部市





 いよいよ全通! 京都縦貫自動車道

 開通がのびのびになっていた京都縦貫自動車道、京丹波わちIC~丹波IC間ですが、いよいよ7月18日午後2時に開通し、ようやく全線がつながります。
 今回開通する区間の距離は約19キロで、すでに開通している久御山IC~宮津天橋立ICを合わせると約100キロメートルになります。制限速度がありますので単純に計算できませんが、時速100Kmで走れば1時間で行ける計算になります。

 京都縦貫自動車道は先に開通した沓掛IC~大山崎JCTにより、京都市の方だけではなく、大阪府北部の方や奈良県の方も、丹後へのアクセスとしてよく利用されるようになりました。
 大阪の方が一般的に利用される舞鶴若狭自動車道は、中国自動車道に入ってからの慢性的な渋滞を避けて、京都縦貫道を利用される方があるのですが、今回全線がつながったことにより、さらに利用される方が多くなると思われます。
 今回開通した、京丹波わちIC~丹波IC間には、京丹波みずほICが設置されます。そしてパーキングエリア「京丹波 味夢の里」も新設され、同地域の美味しい特産品などが販売されるようです。

 関連情報で、今回の開通を記念して、ETC車の普通車・軽自動車を対象に「京都縦貫道全通記念周遊ドライブパス」、京都・福井・滋賀ぐるり300キロ、定額乗り放題パスが販売されます。
    詳しくは  >> NEXCO西日本Webサイトで <<






 いよいよ夏本番! 丹後の海

 丹後の主要な海水浴場では海開きを終え、いよいよ夏本番!と言いたいところですが、長引く梅雨空、そして週末にかけてのトリプル台風の接近が気になります。
 ともあれ梅雨が明ければ青い海に白砂の海水浴シーズンがやってきます。日頃のストレスを忘れ、開放感あふれる丹後の海へぜひお越しください。

 5月末に行われた府内24海水浴場の水質検査では、今年もすべて問題なく泳げるの「A」以上で、特に良好な「AA」が9ケ所ありました。
 特に良好とされる「AA」の認定を受けた海水浴場は、丹後でも外海に面した場所が殆どですが、マリントピアより湾内にある「天橋立海水浴場」も「AA」の認定を受けました。と言うことは、マリントピア前の海も検査こそ受けていませんが、十分「AA」並みの水質があるのではなかと思われます。

 下に丹後の主な海水浴場をご紹介しますので、今年の夏は水質抜群の丹後の海で海水浴を思う存分お楽しみください。







 ひと目10万本 舞鶴自然文化園のアジサイ

 この時期映える花と言えばやはり紫陽花ですね。舞鶴には、2haの谷合いに約10万本のアジサイが植えられ、ひと目で見渡せるという、西日本最大級の規模を誇るアジサイ園があります。
 アジサイは今ちょうど見ごろを迎えており、珍しいガクアジサイや色とりどりの綺麗なアジサイが咲き乱れています。

 舞鶴自然文化園には、アジサイの他、ツバキやシャクナゲなど、色々な植物が植えられています。通常入園無料ですが、アジサイの開花時期とツバキの開花時期だけは入園料300円(大人)が必要となります。

        >> 舞鶴自然文化園の情報はこちらから <<







 道の駅 「食のみやこ・丹後王国」

 4月に旧名称「丹後あじわいの郷」からリニューアルオープンした「食のみやこ・丹後王国」へ行ってきました。
 オープン直後にも行きましたが、今回は毎月第3日曜日に行われる月例祭の日で、琴演奏やお茶のおもてなし等のイベントもあり賑わっていました。

 西日本最大級の道の駅としてリニューアルした「丹後王国」は、入場料が無料となり気軽に立ち寄れる場所になりました。
 広々とした園内には木製アスレチック広場や芝すべり台、動物ふれあい広場など、お子様連れでゆったりと過ごすことが出来ますし、「食のみやこ」の看板にあるように、丹後の特産品をはじめ、新鮮な野菜や海産物が揃うマルシェスペースがあり、お土産物探しやお買い物の楽しいひと時を過ごせます。 もちろん新鮮な食材をふんだんに使ったイタリアンや、焼きたてのパン、スイーツなどの店もあり、丹後の本物の食材を味わうことが出来ます。
 「丹後王国」では月例祭をはじめ、季節ごとに様々なイベントが催されます。また、夜間の営業もあり、毎日18:30~22:00間イルミネーションも楽しむことが出来ます。

         >>詳しくは丹後王国ホームページで<<

 マリントピアから「丹後王国」へは、五十川~弥栄町経由で約50分です。是非どうぞ。